Chemours.com

Remove2Reclaim:真の循環型社会の実現に向けたプラスチックリサイクルの見直し

ごみをなくし、エネルギーを削減し、酸化チタンとポリマーを新しい製品に再利用できるようにする革新的な新しいプラスチックリサイクルプロセスの創出

プラスチックリサイクルが社会の機能に革命をもたらし、経済の循環性と地球の持続可能性を高めていることは周知の事実です。

とはいえ、1950年代以降に世界で生産された83億トンのプラスチックのうち、リサイクルされたのはわずか9%にすぎません。そのうちの約79%が埋め立てられています。プラスチック素材のリサイクルや再利用には、まだ複数の課題があることは明らかです。

Chemours(ケマーズ)はリサイクルに関するそうした課題を克服するため、世界トップクラスの研究者や業界のパートナーと協力し、バリューチェーンを横断する3年間のリサイクル研究プロジェクトを主導しています。 

Remove2Reclaimと呼ばれるこのプロジェクトの目標は、プラスチック最終製品から酸化チタン(TiO)とポリマーを回収するための効率的で費用対効果が高く、環境に優しいプロセスを開発することです。この取り組みは、廃棄物を最小限に減らし、製造時に使われるエネルギーを削減し、より幅広い用途で循環型社会を実現することで、環境に大きなメリットをもたらす可能性があります。

このホワイトペーパーでは、Chemours(ケマーズ)の専門家が、この新しいリサイクルプロセスが地球とプラスチック産業にもたらす様々なメリットについて概説しています。

このホワイトペーパーをダウンロードして詳細をご覧ください。