Chemours.com

白い壁、環境への影響:壁の色とエネルギー削減の関係

内壁の色が排出量とエネルギーコストに与える影響を定量的に把握する

企業や住宅の所有者は、エネルギーコストや環境への影響を低減するための新たな方法を模索しています。このような中、見落とされがちですが、ほぼすべての建物に効果があるシンプルな方法があります。内壁を白く塗ることです。

白い内壁には、さわやかで清潔感のある美しさがあるだけでなく、環境的にも経済的にも大きなメリットがあります。白い内壁とエネルギー効率を結びつけることは新しい考え方ではありませんが、その影響はこれまで十分に定量化されていませんでした。

Chemours(ケマーズ)は、塗料の不透明性と反射率、明るく白い色を実現する重要な成分である酸化チタン(TiO)のトップメーカーであることから、内壁の色が建物のエネルギー効率になぜ、どのように影響を与えるのかを正確に定量化できる独自の立場にありました。わかったのは、内壁を白く塗ることにより、主に2つの面で、建物のエネルギー効率が飛躍的に向上するということです。

最新のホワイトペーパーをダウンロードして、内壁を白く塗ることが建物にもたらす大きなメリットについてご覧ください。