Chemours.com

世界のメガトレンドを牽引するプラスチック業界のトップ勢力

国連(UN)により、5つのメガトレンド が今日の世界を形成していると報告されています。

  1. 新たなテクノロジー
  2. 社会・人口動態の変化
  3. 急激な都市化
  4. 天然資源の供給制限と地球規模の気候変動
  5. 経済大国の変化

専門家はこうした状況から、プラスチック産業における酸化チタン(TiO₂)の使用を方向付ける3つの要素が出現してくると見ています。

  1. 廃棄物の管理
  2. 基本的な用途
  3. 持続可能な開発

プラスチック分野における上記の要素とその影響については以下をお読みください。

1. 廃棄物の管理:

プラスチック業界では、プラスチック廃棄物の増加が大きな問題となっています。プラスチックは、非耐久材(使い捨て、通常は埋め立て処理)、耐久性有り(再利用)、収容されず環境に放出される(ポイ捨て)、という分類ができます。プラスチック廃棄物の蓄積は過去数十年の間に急速に増加しており、その結果、この廃棄物への対処や管理が必須となっています。米国だけでも、年間3万トン近いプラスチックごみが発生しています。この問題に対処するにはどうすればよいのでしょうか。

「終わり」を見据えたデザイン。

政府、産業界、学術研究者は、プラスチックがどうデザインされるかによって、使用後の処分方法が大きく変わるということを指摘しています。こうしたチームは、プラスチックの一次利用段階のデザインだけでなく、再利用、リサイクル、生分解など、使用後の管理に適したデザインにも新たな関心を寄せています。

その取り組みの一つとして、米国化学工業協会では、米国で埋め立てられるプラスチック廃棄物を減らすためにできる5つのアクションを挙げています。最初のアクションは、2030年までにプラスチックの少なくとも30%をリサイクルする計画「30/2030 Plastic Packaging(プラスチックパッケージ)」です。第2のアクションは、高度なリサイクルと機械的なリサイクルを迅速に拡大するため、近代的な規制システムの構築に取り組むことです。もうひとつのアクションは、プラスチックのリサイクルに関する国家基準を確立することです。さらに、プラスチック廃棄物の管理において、使用済み製品の管理中に排出される温室効果ガスの影響など、プラスチック廃棄物管理のさらなる側面を理解する必要があります。 

また、廃棄されるプラスチックに焦点を当てたプログラムとして、エネルギー省は2019年に、米国内のプラスチック廃棄物をより経済的、かつ持続可能な方法でリサイクルすることを目的とした「Plastics Innovation Challenge(プラスチック イノベーション チャレンジ)」を設立しました。この課題には、プラスチック廃棄物の有用な性質を保ったまま効率的に成分を分離する経路を作る「デコンストラクション」や、将来の使用においてプラスチックの価値をそのまま、あるいはさらに高い価値を持たせて再生する「アップサイクル」を可能にする取り組みも含まれています。このイニシアティブの他の重要な構成要素として、プラスチック材料のデザインにリサイクル性を組み込む目標や、機械的かつ高度なリサイクルプロセスのための回収・選別の技術を拡張して展開し、サプライチェーンの効率化につなげる取り組みが挙げられます。 

Remove2Reclaim パートナーシップ:

Chemours(ケマーズ)は産業界と研究大学の科学者からなるチームとともに、Remove2Reclaim (R2R) プロジェクトのパートナーとして研究を進めています。このプロジェクトは、さまざまなポリマーマトリックスからTiO₂(酸化チタン)などの添加物を除去しながら、TiO₂(酸化チタン)とポリマーの両方を再生して新しい製品に再利用するための、溶媒ベースの抽出ルートを開発することを目的としています。R2Rの目標には、異なるプラスチック廃棄物からTiO(酸化チタン)を検出する方法、装置の技術開発、TiO₂(酸化チタン)を含むプラスチック廃棄物と、これを含まないプラスチック廃棄物を区別する選別機構、TiO₂(酸化チタン)に合わせた革新的な抽出技術、再生TiO₂(酸化チタン)の評価、再生ポリマーの高品質・高機能ポリマーへの追加加工などが含まれています。 

プラスチックの循環経済を実現するためのビジョンと行動:

現在のプラスチック包装のバリューチェーン は一方的な流れとなっていますが、こうした重要な資源を管理するために、循環型経済へ移行するビジョンが形成され始めています。この課題に向けたアクションの1つは、再デザイン、イノベーション、新しい製品提供モデルを通じて、問題のある、または不要なプラスチック包装を排除し、削減することです。別のアプローチでは、プラスチック包装の再利用モデルを拡張することで、使い捨て包装の必要性を減らすことができます。さらに、すべてのプラスチック包装材が100%再利用/リサイクルまたは堆肥化が可能であること、そしてすべてのプラスチック包装材が実際に再利用/リサイクルまたは堆肥化されることを保証することもビジョンとして掲げています。さらに、プラスチックの使用は、有限資源の消費と完全に切り離して考慮すべき点です。最後に、すべてのプラスチック包装材が有害な化学物質を含まないこと、プラスチックのバリューチェーンに関わるすべての人々の健康、安全、権利が尊重されることを保証する必要があります。こうしたことはすべて、プラスチック包装材の持続可能な循環経済を達成するための不可欠な目標です。

2. 基本的な用途:

TiO₂プラスチック業界の方向付ける第2の要素は、私たちの暮らしの根幹を支える素材として、プラスチックがますます重要な役割を担っているという点です。プラスチック製品は、人口動態の変化や都市化といったメガトレンドが生み出すニーズを引き続き支えていきます。プラスチックは今後も、より高い性能が求められる生活関連用途(家庭用品、食品包装、ヘルスケア、医療機器など)で、その価値を必要としています。

食品包装は、プラスチックの役割を拡大し、基本的な用途として活用されている一例です。食品廃棄物は地球規模の問題であり、気候変動問題にも関わっています。世界の温室効果ガス排出量の6%が食品のロスと廃棄に起因しています。プラスチック製の食品包装は、流通・小売・長期保存に関する食品保護を通じて、食品廃棄物を削減し、制限するための手段となり得ます。例えば、光に敏感な成分を含む牛乳をTi-Pure™ TiO(酸化チタン)で包装したプラスチック包装は、食品の品質(色、匂い、味、栄養素)を維持することで、食品廃棄物を削減できる潜在性を証明していると言えます。

3. 持続可能な開発:

プラスチック業界を方向付ける最後の要素は、持続可能な開発です。増加する人口のニーズに対応することは重要ですが、私たちが共有する地球の有限な資源を視野に入れ、持続可能性と次の世代のための未来を考慮する必要があります。私たちが考える産業の可能性には、使用済み製品に与える影響を最小限に抑えながら、プラスチックの用途と品質に持続可能な価値を加えるという考えも含まれています。

Chemours designed EVOLVE 2030(Chemours(ケマーズ)デザインのEVOLVE 2030)は、国連の持続可能な開発目標に沿ったものです。このフレームワークでは、持続可能な利益に貢献するChemours(ケマーズ)製品および用途を慎重に特定しています。このような用途の1つとして、Ti-Pure™TiO(酸化チタン)からなる農業用フィルムがあり、高熱条件や干ばつ時に水を節約し、生育に最適な低根温を維持し、作物収量を20%まで増加させることができました。屋根膜などの建築・建設用途では、Ti-Pure™ TiO(酸化チタン)を使用することで室内温度を下げ、建物のエネルギーや冷房費を低減することができます。最後に、プラスチック包装の用途では、Ti-Pure™TiO(酸化チタン)が提供する光保護により、包装された商品の保存期間を伸ばし、製品品質の向上と廃棄物の減少につながっています。システムによっては、光保護効果によって食品の栄養素の保存期間を延ばすことができ、栄養価の高い新鮮な風味をより長く保つことができます。

Chemours(ケマーズ)のTi-Pure™(タイピュア™)酸化チタンの位置付け:

廃棄物の管理、基本的な用途、持続可能な開発という3つの大きな要素が、プラスチック業界を方向付けています。こうした課題に、私たちのような研究者、政府、企業の専門家が共同で取り組んでいます。Chemours(ケマーズ)は、ほぼ1世紀にわたって業界最高レベルのプロセス、技術、安全基準を用いて酸化チタンを製造する、世界最大のメーカーの1つです。私たちは、Ti-Pure™ 酸化チタンによって、よりカラフルで、よりクリーンで、より実用的な世界を構築することを約束します。お客様のビジネスニーズを確実に満たすことができるよう、顔料の品質、実用性、イノベーションを重視しています。私たちは、プラスチック梱包材農業資材、そして建築資材などお客様の課題に適した製品をご案内するソリューションを提供しています。Chemours(ケマーズ)では、次世代のための持続可能性を確保するために、Ti-Pure™TiO(酸化チタン)の責任ある化学の未来に投資しています。

当社のオンラインeコマースソリューションである Ti-Pure™ Flex Portalを通じて、供給に関する最新情報、規制に関する最新情報を提供し、お客様の質問にお答えします。私たちは、バイヤーとのパートナーシップにより、業界の最新動向に対する先見性と理解力を高め、あらゆる不確実性を乗り越えるための安定性を提供し、進化する市場力学に対応、かつ繁栄するための柔軟性を高めています。Flexでは、最大6ヶ月のリードタイムで市場ベースの価格を表示し、オンラインで発注と修正を行い、いつでも注文履歴を確認することができます。契約や長期契約をしなくても、最大限の柔軟性が得られます。サポートもお任せください。

TiO₂(酸化チタン)に関するご相談がありましたら、遠慮なくこちらからお問い合わせください。